本命彼女の条件って知ってる!?セフレや不倫や遊びの女にはしないこと

Top image

交際中の彼や、友達以上の関係に発展している彼にとって、自分は「本命」の彼女であるのか…。
そんなふうに気になったり、不安になっている女性は少なくないのではないでしょうか?

誰にも相談できない、、、あるいは、女友達に相談し背中を押してもらったけれど、モヤモヤが消えない…。
そんな女性たちの悩みを解消するために、男性が「セフレや不倫、遊び相手の女性にはしないこと」に焦点を当てて、判断のポイントを紹介していきます。

本命彼女には見返りを求めない

見返りのないデートや会う約束があるかどうかは本命彼女かのチェックポイントになります。

男性が、セフレや不倫などの遊び相手の女性に求めるものは、至ってシンプルです。
単に、自分の欲求を満たしたいときに体の関係を持てれば、それでいいのです。

また、遊びの女性を、暇なときにいつでも呼び出せる便利な存在として認識しています。
遊びの場合、男性が終日デートを避けたがるのはこのためです。

面倒なステップは避けたいと思っていて、自分の時間を相手の女性に使うことすらもったいないと感じる人も多いようです。
このように、求めているのが「便利」な「体だけ」の関係であるため、目的を果たせそうにないと分かると、平気でドタキャンしたりするのです。

本命彼女にはマメな連絡

男性は、本命や気になっている女性のことは、なにかと気にかけ、心配しています。
会う予定がなくても、彼女の様子が気になり、連絡するでしょう。

それが、遊びの相手に対しては、まったく違うのです。
遊び相手に対する男性の気持ちとは、「その場の関係さえ良ければいい」というものです。

そのため彼らは、遊びの女性に対しては、他愛のない会話をするために連絡を取る、ということはほとんどないでしょう。
単純に、「彼女はどうしているかな」「彼女の声を聞きたい」という気持ちがなく、精神的なつながりを求めていないのです。

いつも忘れたころに連絡してくる…というのは、この典型的なパターンでしょう。

本命彼女にはいろいろな質問や気遣いの言葉

本命の彼女を前にすると男性は、自然と「相手のことを知りたい…」と思うものです。
彼女の好みを聞いて、希望を満たしたい、理想に近づきたい、と思うでしょう。

逆に、遊びの女性に対しては、このような感情は湧きません。
それは「体の関係を持つ」ことにしか興味がないためです。

また、好きな女性や本命女性のことは、よく見て気にかけるのが男性心理です。
彼女の体調が悪そうだったり、彼女が落ち込んでいるようなら、すぐに気づき声をかけるでしょう。
それは守りたいという気持ちの現れのようです。

一方、遊び相手のことは、そもそもよく見ていないので、少しの変化には気づきにくいでしょう。
そのため、質問や気遣いの言葉は格段に少ないのです。

本命彼女には将来の話

男性が自分の将来の話をしたり、相手の将来の話を聞きたがるかどうかというのも、本命か遊びかを見極めるポイントになります。
「これからも一緒に居たい」と思える本命の女性に対して、男性は将来の話をすることがあるでしょう。

そんなとき、自分の思い描く未来と、彼女の将来の予定や計画をすり合わせるためにも、相手の話に興味を持って聞くでしょう。

それに対して、男性は、遊びの女性には将来の話をしたがりません。
それは「その場限り」の関係を発展させたいと思っていないからです。

「都合のいい」現状を維持しようとし、それ以上のこともそれ以下のこともないのです。
遊びの女性の将来は、自分には関係のないことだと思っているのです。

また、遊びのつもりの女性から、自分の将来について詳しく聞かれることを嫌う傾向にあるようです。
自分の人生において、さほど「重要」と認識していない相手に、深い話をするのが面倒なのでしょう。

本命彼女には嫉妬や人間関係の把握

本命の彼女に対して「他の男に取られたくない」と思うのが、一般的な男性心理です。
奥手な男性であっても、このような心理を持っているものです。

したがって、「大切な」あるいは「失いたくない」彼女に対しては、人間関係を把握したいという気持ちを抱く男性が多いようです。
さらに、もしも彼女の周りに「ライバル」になり得そうな男性がいる場合は、嫉妬心を感じ、その関係を制限したがることさえあります。

一方、男性は遊びの女性に対してこのような感情を抱くことはごく稀でしょう。
「自分にとって特別である」という感覚がないため、遊びの女性が、自分と会っていないところでどんな人間関係を築いていようが、興味がありません。

遊び相手を失いたくないと感じる男性は、単に「便利」な存在を失うのが惜しいという気持ちなのです。

男性は単純なので本命かどうかがわかりやすい

セフレや不倫などの遊び相手の女性に対して、男性がしないことに焦点を当てて見ていきました。
男性は、単純な生き物なので、行動や言動がわかりやすいものです。
男性から愛されたことがある女性や、本命彼女として大切に扱われた経験のある女性であれば、その愛情がいかにストレートでわかりやすいものであるかがわかるでしょう。

今回、比較対象として「本命女性にすること」も織り交ぜてみましたが、自分が気になっている彼はどうでしょうか。
自分を「安売り」しないためにも、一度きちんと考えてみましょう。