それって逆効果!?浮気防止のためにやってはいけないこと!!

Top image

出会った当初は浮気なんてするわけがない、ましてや不倫なんてと誰もがそう思っているものです。
しかしお付き合いが長くなればなるほど些細な言葉や行動がきっかけで浮気をしてしまうとゆう事もよくあります。

他の異性が気になったり相手に対して冷めてしまって浮気に至るケースが多いですが、その 方にも良かれと思ってしていた事が浮気に繋がるケースも少なくありません。
あんなに浮気をしないようにと決めていたのにと嘆く前にあなた自身が相手に浮気をさせてしまうような言動をとっていませんか?
浮気防止をしていたのに逆に浮気をしてしまう5つの言動を紹介したいと思います。

束縛をしてしまう

よくありがちなのが相手の行動を全て把握しておけば大丈夫たろうと束縛をする事です。
束縛をする人は自分が束縛をしているという事にあまり気がついていません。

帰宅時間を決めたり携帯を見たりして相手を監視するとどんどん監視がエスカレートしてしまい結果的に相手が逃げ場を作ってしまったり冷めてしまうんです。
束縛というものはただの自己満足に過ぎず自分が安心したいが為に束縛するので相手の気持ちを考えての行動とは言えません。
人はルールを作られすぎると逆に反発したくなるものですしルールを破ると刺激を感じます。
一度ルールを破って成功すると歯止めがきかなくなり度々浮気をしてしまう結果に繋がりかねません。

お小遣いを与えすぎる

浮気をされるのが嫌だからせめて趣味や職場仲間などの付き合いを楽しんでもらおうとお小遣いを増やしすぎてはいませんか?
男性はお金に余裕が出来るとハメを外してしまいがちです。

普段はあまり飲んでいなかったお酒の量を増やしたり、大衆的なお店から敷居の高いお店などに行くようになると本人にその意思がなくても女性は近づいてくるものです。

例えば夜のお店に誘われてもお金に余裕がなければ行こうとは思いません。
しかしお金に余裕があれば男性の場合後先考えずについつい誘いにのってしまうのです。
そして女性の前では見栄をはりお金を使って、結果的に魔がさし女性とその場限りの関係を持ったり不倫関係に繋がるのです。

子作りを強要する

結婚した夫婦は自然と子供が欲しいと考えます。
中には子供が出来れば子供中心の生活になって男性が浮気をしないだろうという安易な考えで子作りを考える人も少なくありません。

しかし男性は義務的なセックスをとても嫌います。
男性は女性と違い計画を立てることを嫌がる傾向があるので子作りを強要されればされる程夜の営みは減っていきます。
夜の営みが減れば自分の性欲を満たす為他の女性と関係を持つことも。

奥さんが妊娠中なのにも関わらず夫が浮気をするのは夜の営みが減ってしまうのも原因の一つなんです。
男性はあくまで自然な流れでのセックスを考えるので子作りの為のセックスと考えるのは厳禁です。

浮気をした後の約束事を決めない

例えば浮気をされたら「私も浮気をするよ」や浮気をしたら「罰としてこれをやってね」など決まりを作っていると、いざという時に別にいっかと開き直ってしまいます。
本来男性にも女性にも言える事ですが浮気願望というものは誰しも必ずあります。
要は浮気をしない自制心があるかどうかで、ほとんどの人が浮気をしたら大切な人を裏切ってしまうや大切な人を手放す事になってしまうかもしれないと考えるのです。
結果が見えないからこそリスクを犯せないと浮気を思いとどまり行動に移そうとはしないものです。
ですが浮気をした場合の結果が先に見えているとリスクを犯してでも行動に移してしまうと結果になりかねません。

交友関係を知りすぎない

交友関係を知っているから浮気はないだろうと安心していると大間違いです。
何故かというと浮気をしてしまっても口裏合わせをすればバレる心配がないからです。

例えば外出時に何も言わずに外出するのと、自分もよく知っている知人と会ってくると外出するのでは安心感が違います。
そしておかしいなと浮気を疑った頃には長い間浮気をしていたという場合も。
それは心理的なもので自分が全く知らない人と夫が外出するとどこに行ったんだろうという緊張感が生まれ警戒しますが、よく知っている人と夫が外出すれば私も知っている人だから大丈夫だと注意が散漫になりがちです。

交友関係を知っている事が浮気防止に繋がるのではなく、逆に口実になっている場合もあるのです。

浮気防止には適度な距離と信頼関係

上記で紹介した5つの言動は知らず知らずのうちにしている人も多いのではないでしょうか。
深く考えずにとっていた言動が相手にとっては記憶の片隅にずっとあり浮気をしてしまう原因にもなるんです。

長く一緒にいようと思うのであれば一緒にいて楽だなと思える空間を作っておくことが一番大切なのでルールを作りすぎてしまはないことです。
相手の事を散策すればする程自分の気持ちには応えてくれず相手の気持ちは離れていってしまいます。
お互いの事を信頼しお互いの距離を上手に保っておけば多くの言葉がなくても浮気をするという結果にはなりません。