ゲゲゲ!!不倫と浮気の慰謝料の相場は50万円から300万円

Top image

慰謝料とは、精神的苦痛に対して支払われるお金のことで、法律上「不貞行為を通じて受けた精神的苦痛を埋め合わせるために加害者に支払わせる損害賠償金のことです。

妻や夫が不倫をしていることに気づき、離婚を思い浮かべると、とてもつらく悲しい気持ちになると思います。
不倫をした妻や夫にも、その不倫相手にも怒りをぶつけたい、慰謝料は請求できるかと考えている方は少なくないと思います。
そこで、今回は不倫・浮気の慰謝料について書いていこうと思います。

一般的な不倫と浮気の慰謝料の相場


皆さんが気になることとして、もし、あなたのパートナーが不貞行為をしていた場合にその不貞行為をしていた両者からどの程度慰謝料を請求できるのか、大体いくらぐらいが請求できる慰謝料の相場なのか?だと思います。

請求すること自体はいくらでも可能ですが、あまりにも相場からずれた金額を請求しても相手は支払いに応じないでしょう。
その結果、やみくもに裁判をすることとなり、無駄に費用をかけてしまうことになります。

そこで、知っておいてほしいのが不倫・浮気の慰謝料の相場です。

慰謝料の金額を決定するためのポイントとしては4点あります。


1.婚姻期間
2.浮気の内容
3.相手の収入
4.離婚をしたくないか

上記によって金額が変動します。
また、事案はそれぞれのため慰謝料の金額に差は出ますが、慰謝料の相場は50万円~300万円くらいになります。
上記では慰謝料の金額を決めるポイントを4つほど挙げましたが、今度は慰謝料の金額を算定する際に重視される主な事情を細かく書いていきます。

被害者側(慰謝料を請求する側)の金額算出のポイント


・年齢(年齢が高いと金額が高くなる場合があります)
・職業(正社員なのか、収入が高いのか)
・別の相手との再婚
・精神的苦痛を伴っている(ノイローゼやうつなどの症状がみられる場合は金額が高くなります)
・子供の有無(被害者側が子供を引き取る場合、子供の年齢などで金額が変動します)

加害者側(慰謝料を請求される側)の金額算出のポイント


・年齢
・職業
・婚姻中における贈与
・婚姻中に生活費を支払っていたかどうか関係を修復しようと努力していたかどうか

その他の要因


・婚姻期間(結婚期間が長ければ、被害額は大きいと評価されます。
・不倫期間(1か月よりは1年といったように、長いほど被害状況はひどいといえます)
・夫婦の別居(不倫前から夫婦が別居している場合など、別居期間が長ければ長いほど、不倫者の責任は軽くなります。
・暴力、虐待
などがあれば当然、慰謝料は高くなります。

慰謝料を増額させる方法


慰謝料を増額させるためには、様々な事情やそれを証明することができる証拠が必要になります。
その証拠があることで、自分がこんな精神的苦痛を受けたと裁判官に主張することができ、納得を得られます。
たとえば、暴力や虐待によって傷を負った場合、診断書が身体的苦痛の大きさを証明できることが重要になります。
法律的部分が重要になってくるため、慰謝料の請求を検討している方は一度法律事務所に相談することも増額の手段です。

慰謝料を減額させる方法


慰謝料を請求された側の取れる手段として、まずは感情的にならずに冷静に振る舞うようにしましょう。
次に、やりとりなどはすべて書面で行うようにしましょう。
書面で行うことで、軽はずみな発言を避けられますし、後でどのような会話をしたのか振り返れるメリットがあります。
仮に電話やメールで請求されても相手の住所を確認して書面で返すようにしましょう。

そして、相手の弱みを知りましょう。
交渉において、弱みを知ることで「弱みを把握して交渉に利用する」ことができます。
実は、相手も浮気していた場合などは、弱みを把握していることで慰謝料の請求を回避できる可能性が出てきます。

不倫慰謝料の事前にできること


まとめ不倫をしたら慰謝料を請求される。
これは、あたり前の流れになっていますが、そうはならないように日ごろからの対策や不倫などしなくてもいいような関係を気づけていけたらと思います。
もし、一人で対処できないと思ったら法律のプロである弁護士に相談したほうが、結果的に早期解決につながる可能性が高まるので、相談することも選択肢に入れおくといいかもしれません。