もうツラい思いをして泣きたくない!!不倫をやめる時に最初にすること

Top image

言うまでもないことですが、婚姻関係において不倫は十分な離婚理由になります。
しかも不倫した側が「有責」となり、多額の慰謝料や養育費を請求されることになります。

不倫が発覚して離婚となったらあなたを信頼していた配偶者も深く傷つきますし、子供がいる場合は子供の人生も狂わせます。

不倫状態にあってもまだ発覚していない今ならば、まだ十分にやり直せます。
離婚という最悪の結果を招く前に不倫関係を清算することが、あなたを含めてすべての人の未来にとって最高の選択でしょう。
しかし、これまで続いてきた不倫関係をいきなり終了させようとすると思わぬトラブルが起きるかもしれません。
そこで不倫をやめる時にまず最初にやっておくべきいくつかのことをご紹介します。

決心する


まずはあなた自身が決心をすることが何よりも大事なことです。
相手と別れる決心がついたのなら、それでもう半分は成功したようなものです。

もしあなた自身の気持ちが揺らいでいるなら、いつまでも経っても関係が終わることはありません。
まず自分自身が相手と別れる決心することが、何よりもまず大切です。

しかし、最初からいきなり完全に決心することはなかなか難しいかもしれません。
その場合はこれ以下の方法を試みながら、少しずつ自分の決心を固めていけばよいと思います。

会う機会を減らしていく


いきなり別れを告げてそれできれいに別れられるならそれに越したことはないですが、もし相手が納得しそうにない時は、相手と自分との距離を少しずつ離していくようにします。
週に二回会っていたのなら週に一回にしていきます。

毎週会っていたのなら隔週に減らしていきます。
相手に強いショックを与えないようにさりげなく、上手な理由を作って少しずつ相手との距離を離していくようにしましょう。

相手と会えない理由としては、仕事が忙しくなった、体調が悪くなった、断れない用事ができた、などが無難でしょう。

メールや電話を減らしていく


メールを受信したら、返信までにかかる時間を少しずつ長くしていきます。
今まではすぐに返信していたのであれば、次からは五分、十分と時間をおいてから返信するようにします。

徐々に時間を長くしていくことで、相手は段々とそれが当たり前になってきます。
最終的にはメールやSNSでメッセージを受け取っても、返信するのは翌日か数日後という状態にまで持っていきます。

電話の場合はやむをえない理由で「着信音をならさないことにした」と伝えましょう。
配偶者に疑われ始めたとか、生活環境が変わったとかの理由がいいかもしれません。

そして電話は着信履歴を見てこちらから折り返すという方法に変更します。
最初はすぐに折り返していたのを、段々と時間を長くおくようにしていきます。

電話の場合もメールと同じように、折り返しまでに数日かかるか、もしくは折り返さなくなるくらいまでにします。
電話の場合に気をつけることは、少しずつ感情をなくしていくことです。

電話は良好な関係を保つために使う道具なのですから、電話で定期的に楽しい会話をすれば二人の関係は暖かいままです。
声には気持ちが現われますので、相手に気付かれないように少しずつそっけなく冷淡な会話にしていきます。

あっても触れ合わない


たとえ会わなければならない日も、上手に理由をつけて体の関係を持たないことが大切です。
会って体の関係を持つことは二人にとって最大のコミュニケーションであり、相手にとってはひとつの「報酬」になっているはずです。

たとえ会っても触れ合わないことで相手のメリットをなくしていきます。
肉体関係を取り除けば、不倫関係の結びつきは大幅に弱いものになります。

体調にかこつけて拒否するのが最もスムースでしょう。

不倫をやめるためには相手と離れるための準備


不倫をやめようとするときに最初にするべきことは「相手と離れるための準備」です。
そのために最も大事なことは、これまで親密だった相手との距離を心理的にも物理的にも少しずつ離していくことです。

話し合いで分かってもらえる場合はそれで問題ありませんが、それでは解決しないような場合にはまず距離を離し、二人の間にあった強い結びつきを少しずつ薄くしていきます。
物理的にも心理的にも距離が離れた状態を維持していけば、相手の気持ちも少しずつ自然に離れていくでしょう。

また、あなたが徐々に距離を取り始めることで、相手にも何かしらの変化を感じさせることができます。
これまでとは違う何かが起こってきていることをそれとなく知らせ、今後の本格的な決断をするための準備を相手に促すことができます。
少しずつ準備を整えていき、やがて適切な時期が到来したら、その時にきっぱりと関係を絶つ次の段階に進むことができます。
まずはそのための準備を始めましょう。