セカンドパートナーのメリットデメリットをまとめて紹介

Top image

最近話題のセカンドパートナー、ドラマで魅力的な女優さんが演じていてキーワードとして何度も使われていました。
実際にセカンドパートナーの立場になってみたらどうなんでしょうか。

セカンドパートーナーのメリットとデメリットをまとめて紹介してみたいと思います。

セカンドパートナーのメリット

セカンドパート―ナーには、あえてその立場で付き合っている場合と、自分は全く望んではいないけど、相手側からそういう立ち位置にさせられてしまっている場合があると思います。
あえてセカンドパートナーとしての付き合いを選んでいる場合は、メリットの方が大きいと思われます。
その方が自分の現状の生活に有利だから選択しているわけで、セカンドというあまり待遇のよさそうではない場所の居心地がいいのでしょう。
結婚願望がない、あまり束縛してくる男性よりも、他にそういう対象の女性がいて、さらにちょっと遊びたいという軽めの気楽な男性と、割り切った関係で付き合いたいという場合などが当てはまります。

セカンドパートナーというなの都合のいい人

また、大好きな人にはパートナーがすでにおり、2人はとてもうまくいっている、が、どうしてもあきらめきれないので、お願いにお願いを重ねてなんとかセカンドパートナーとしてお付き合いを許されている場合は、セカンドでも喜べるという少しゆがんだ関係に陥りそうです。

本命にはなれないし、本命みたいに思ってもらえる魅力が自分にないことを自覚してしまっている人が陥りやすく、だから、ここが私の幸せだと決めつけてしまい、自分のことを大事にしていないように思います。
これは一見願いがかなって幸せを感じるかもしれませんが、完全に人生に対して大きなデメリットになります。
普通に考えるとおかしいんです。

本命がいる人がもう1人別にだれかと関係を持つことを承諾している時点で、その相手は最低最悪のずるい感情を持ち合わせた人なんです。
そこを見て見ないふりして、受け入れてくれたことに感謝すらしてお付き合いをしてもらっている、こんな付き合いが対等なわけありません。
対等ではないお付き合いは完全に都合のいい扱いをされます。
当然振り回されて疲れ果ててしまいます。
相手の言いなり、相手のわがままに自分が服従している関係ではいいように利用されてポイ捨てされるだけ、年齢関係なく、自分の人生の時間を止めてしまっている、気づいたときにはもう周りの皆は幸せをつかんでいるのに、自分だけが全く成長できていない、という状態になる可能性が高いので、ただちにこのセカンド状態からは脱出することをお勧めします。

セカンドパートナーのデメリット

自分は本命だと信じて付き合ているにもかかわらず、相手にとっては完全なるセカンドパートナー、2人の全く違う恋愛への温度差が作り上げてしまう付き合いの形もあります。

大好きな彼だから多少のわがままは許してしまう。
たまにはドタキャンもされてしまうけど、でも大好きな彼だから、今度埋め合わせしてくれるって言うから、と、自分の都合のいいように相手を絶対的に信頼して、ポジティブに相手を信じ続けてしまう、それまでに恋愛経験の少ない、あるいは一人の人しか見えなくなってしまう、一途なタイプの人が陥りやすい状態です。
これはデメリットしかありません。彼氏に自分以外の女性がいることだけでも相当なショックなのに、さらに自分がセカンドという立場だと気づいたときのショックは計り知れず、人間不信や精神的にダメージを受けてしまうことも多々あるかと思われます。

中には仕事や勉強が手につかず、ひとりで心を病んでしまうことにもつながりかねます。
これまでまっすぐに人を愛していた人が、たった一度でもこういう形で裏切られてしまったことで人生が変わってしまうことなどはものすごくつらいことですし、相手に対しても悪い感情しか残らず、自分の人生に対しても後悔しか残りません。。

セカンドパートナーという言葉の軽さに騙されないで

このように、セカンドパートナーという立場は、いろいろな形態をもって男女のまわりにまとわりついています。
なぜなら、セカンドパートナーという言語をずるがしこく活用して、自分の都合のいいように使いこなせる側の人間にはものすごく便利で都合のいいものでしかないんです。

不倫、二股、という言葉だと誰もが顔をしかめてしまいますが、「俺、セカンドがいるんだ」「私、セカンドなの、でもそれでいいの」などと会話に含ませると、なぜかかっこいい、おしゃれに恋愛をしていると錯覚、勘違いしている人も多いと思われます。

言葉の軽さに騙されてはいけないんですが、やはりカタカナ言語にはそういう危うさがつきものです。
どちらもが幸せになれる、思いやりを持って関係を作り上げていくのが本来のお付き合いの形であるはずなのに、セカンドパートナーは片方だけがおいしい思いをしていて、中には騙し、だまされてそういう形に知らないうちになっているという、すごく不平等な関係であると思います。
それって本当にしあわせなのでしょうか。これが怖いところだと思います。