不倫からパートナーにランクアップ!?彼を自分だけのものにする方法

Top image

どんなに彼を愛していても、彼に家庭があるのならあなたは不倫相手で2番目。「こんなに愛し合っているのに」と、理不尽な気持ちになったりすることも、きっとありますよね。
たまたま彼とは出会うタイミングが遅かっただけ、順番が違っただけ。
もしも彼が結婚をする前に出会えていたなら。はじまりは不倫であっても、あなたと彼が出会えたのは紛れもない事実。

その出会いが不倫のままで終わるのか、彼のパートナ-としてランクアップできるのか、それは、あなたの努力にもかかってきます。
いつか、彼のパートナーになりたい、そう考えているあなたに彼のパートナーにランクアップ出来るかもしれない方法を、いくつかご紹介します。

不倫でも関係性は対等

不倫というと、日陰の女、彼からの連絡を寂しくてもひたすら耐えてただ待っている、などというイメージがあると思いますが、そのイメージは捨ててください。
こちらからは連絡が出来ないからと、彼が連絡をしやすいようにいつも待機している、なんてことはせずに、お互いフィフテーフィフティーの関係でいるのです。

不倫というと、彼中心で彼優先という生活になってしまいがちでその結果、彼に依存してしまうことになってしまいます。
そうなると、彼はあなたの存在を「重い」「面倒」などと思うようになり二人の関係もあなたが望んでいない方向へと流れて行ってしまうのです。

彼の言動には振り回されず、あくまであなた自身に軸を置き一人でいても充実しているし楽しいけれど彼といるともっと楽しい、そんなキラキラとしたあなたでいてください。
不倫とは言えど恋は恋。恋には女性を綺麗にする作用があります。
その作用を無駄にしないように、彼と付き合うことで、さらにあなたがレベルアップしていくイメージです。
そんな、どんどん魅力的になるあなたに、彼はますます夢中になるはずです。

あなただけの落ち着ける空間をつくる

まずは笑顔でいることを心掛けましょう。
彼は仕事、もしかしたら家庭にも疲れている可能性があります。
そんな彼に優しく笑顔でいることを心掛けて、たくさん癒してあげることが大切です。

そして、彼の話しを優しく聞いてあげること。
人は「自分を分かって欲しい」と思うもので、その思いを満たしてくれる人に癒しを感じることが多いようです。

御法度なのは、彼に結婚を迫ること。
もともと男性には狩猟脳という機能があり、常に追いかけていたいという欲が強いのです。
あなたが追うことで、彼は逃げ腰になってしまうこともあります。
男性の追いかけたいという欲を満たすことも、大切なことなのです。
気持ちが焦って、彼を追いかけてしまいそうになったら、何か別のことにそのパワーを使いましょう。

例えば、彼があなたの部屋に来るようなら、こっそり彼の好みをリサーチして部屋をさりげなく彼好みのインテリアにしてみるとか。
彼が好きな料理を作って振る舞うのもいいですよね。

「胃袋を掴む」という作戦は昔も今も古今東西、効果的なようですよ。
居心地のいい空間に、居心地のいいあなたがいる。
彼が「ずっと、こうして一緒にいたい」そう、真剣に考えてくれたら嬉しいですよね。

信頼関係を築く

彼から信頼を得ることは、とても大切なポイントです。
恋愛、友達、夫婦、不倫、どんな関係であれ、人と人とが深くそして長く時間を共にするのであれば「信頼関係」はとても大切です。
そこの基盤がもろいと、その上に何も積み重ねてはいけませんよね。
あなたは彼とその基盤をしっかりと築き上げてください。
彼が信頼して心を開けるあなたでいてください。

気を付けないといけないのは、彼が家庭や奥さんの悪口を言っても、決して同調しないこと。
あくまで聞き役に徹することが大切です。
彼が「もう、あなたの支えなしでは生きていけないかもしれない」そう感じてくれるようになったらいいですよね。

不倫の中にある真実の愛を大切に

不倫とはいえども恋は恋。たまたま好きになった人が結婚していただけ。
そう自分に言い聞かせてみても、やはりどこかでモヤモヤした気持ちを抱いてることと思います。
良いように考えれば、彼と奥さんとの間に何の隙もなかったら、彼があなたに心惹かれることはなかったかもしれない、彼の奥さんにも落ち度はあったはず。

また、運命の悪戯で彼が結婚をした後で、お互いにとっての「本当の運命の人」に出会ってしまった。などと考えられますよね。
ただ一方で、現実として彼は結婚している、あなたと彼が一緒になることで、誰かが傷つく。
誰かの不幸の上に幸せは成り立たない、とも言います。

あなたの精一杯の誠意、あなたが絶対にしてはいけないこと、それはどんなに彼のパートナーになりたくても、彼の奥さんを妬んだり恨んだりはしてはいけません。
あなたと彼が本当に運命の赤い糸で結ばれているのなら、そんなことをしなくても、必ず彼のパートナーになれる日は来るはずです。
あなたの幸せと楽しい未来を信じて、あなたが愛おしく思う彼や、彼に関わる全ての人に感謝の気持ちを持てるようになりましょう。
そんなあなたの心の大きさと優しさに、彼はますます惹かれていくことでしょう。