セフレには絶対しない!!オトコが本命彼女にしかしないこと

Top image

自分とパートナーの関係がいったい何なのか、これってセフレじゃん!?と気が付いた時にはもう遅い。
恋愛は気持ちが強い方が馬鹿をみると言います。

セフレとわかっていても好きだから、いつか相手も同じ気持ちになってくれると期待してずるずる続く体を提供する関係。
できれば早めに見極めて可能性の無い恋愛に時間と自分の体を費やすのはやめましょう。

以下のポイントは男性が本命彼女にしかしないことをまとめたものです。
全部当てはまるならあなたはれっきとした本命彼女です、そのままゴールインまで突き抜けてください。

半分以下のひとは慎重に相手を見極める時かもしれません。
くれぐれも自分を安売りしないように。

本命彼女にしかしないことが、ひとつもあてはまらない人・・・、はい、あなたはセフレの可能性が高いです。
パートナーにとってはかけがえのないセフレです。
パートナーはあなたを離そうとしないでしょう。
男性にとってあなたほど都合の良い存在はありません。
その関係を終わらせることができるのはあなたしかいません。
セフレと知りながら付き合うのが幸せなのかどうか考えてみるのが良いかもしれません

自分の部屋に入れる

もちろんこの一点で非セフレと断言できません。
しかし、仮にあなたと別に本命の相手がいて、あなたは浮気相手であるならわざわざ部屋に入れるというリスクを冒す必要が男性側にありません。

ですから相手の部屋に招かれる関係であることは本命である十分条件ではないものの、最低のラインといえます。
ここを不自然に拒まれる場合は何かを疑うべきでしょう。

親友や会社の上司に紹介する

男性は女性よりプライベートにおける人間関係の幅が限定的です。
女性ほど頻繁に連絡をとりあわなくても学生時代の友人とは一生のつきあいをする、そういう傾向があります。
相手が結婚しようが、子供がうまれようが、その関係は不変です。

女性特有の結婚した組、出産した組といった社会的ヒエラルキーごとのつきあいをしません。
ですから古くからの友人に紹介をする相手はそれなりに真剣に交際しているという男性の意思とみてよいでしょう。
また会社の上司に対して紹介してくれる場合も本命率がグッとあがります。
女性側としてもこれはゆくゆく結婚を報告する布石か?と考えたくなるでしょう。
その感覚は決して期待しすぎではありませんので、是非とも上司から大切にするべき相手と認めてもらえるあなたを演じましょう。

趣味を共有する

セックス以外の楽しい時間を共有できることは、相手にとってあなたが大切な存在であるといえます。
男性は本命の相手を差し置いてでも趣味を優先することだってあるわけです。
ですから、相手の趣味や好きなことに使う時間に誘ってもらったことがあるか思い出してみてください。
単純に飲みに行くだけでもいいですよ。
気楽にする1人の食事よりあなたと過ごす時間を相手が選択したのです。

逆説的に言えば、セックスをしないデートをしたことがあるかという点も判断のポイントです。
セックスが目的の相手に余計なお金や時間を投資しないでしょう。

セックスの最中にキスをする

人間は首から上を本当の自分と認識し、首から下は自分が所有している体と認識している無意識の感覚があります。
なんとなくわかりますよね?

ですから、性欲を満たすだけならあなたの下半身と相手が結合できればその目的が達成できます。
マンネリ化した夫婦のセックスに多い傾向なのですが、セックス中のキスが極端に少ない、もしくは無しなんて場合もあります。
キスの無いセックスなんて!と驚く人もいるでしょう。
じつは結構あるんですよ、キスのないセックス。
首から上、つまり本当の自分と相手の口を交わすという行為は一連のセックスの中でとっても大切な行為なんです。

中国の娼婦はどれだけ体を許しても、キスだけは拒否する人がいます。
また介護ヘルパーが嫌いな仕事として、下の世話より入れ歯を扱う仕事の方が高い順位に入るとも言われています。
口はより相手を感じるパーツであることの裏返しですね。

朝まで一緒にいる

世の中、いろんな男がおりますが、女性と違って男は寂しさに鈍感です。
特に大人の男性であれば、一日のある一定の時間は1人でいたいと考えるもの。
その最たる時間は睡眠時でしょう。
正直、男は1人で寝たいんです。
セフレとでもその場限りの気持ちを込めて肌を重ねて眠ることができる女性とは異なり、男は射精したら別人格です。

早めに自宅に帰って自分のベッドで眠りたい。
多くのセフレをキープする男性の心理です。
疲れをとる一番の方法は快適な睡眠です。
快適な睡眠とは、静かな環境でゆったりと最低でも6時間以上熟睡できる必要があります。

セックスをして裸で朝まで床を同じくする行為は、普通そうに見えて、男にとっては相当気を許していないとできない特別な行為です。
射精という動物的な欲求を満たした上でも一緒にいたい相手か。
ましてあなたを自宅に残して相手男性だけが出勤するともなれば、本命との自負を核心にかえてよいでしょう。

セフレにしがちな行為

男がセフレに対してしがちな行為を知ることで、本命かセフレかの判断ができます。

セックスに道具を用いる

AVのようなセックスを求める一概に道具を用いた性行為をセフレとの行為と言い切れませんが、長年寄り添って相手の体を知り尽くした上に、スパイスとして道具を使ってみるような場合と異なり、比較的付合いが浅い段階から道具を多用する場合、あなたが本命として大切にされていると言えないでしょう。

ましてホテルに備え付けの誰が使ったかもわからないような道具をあなたの体にあてがわれたら女性として興ざめでしょう?
もしそういう感覚が失われているなら、都合のよい女に陥っている可能性大です。
それから、童貞男子ならいざしらず、男性があなたに求める行為がやけにAV染みている場合も道具を多用する場合と同じ感覚で判断が必要でしょう。

あなたのお付き合いしている男性はどうだったでしょうか。
セフレから本命の彼女に変わることもあると思います。
あなた自身の幸せのために、よく考えてみてください。