そろそろまずいな…二人とも幸せに不倫を終わらせる方法

Top image

不倫をしているという自分に後ろめたさを感じながらも、いざ終わらせようと思うと勇気が出ないものですよね。
一人になってしまうという不安、不倫という刺激を失う寂しさ…
現状を変えることで自分も大きく変わるはずで、そこに恐怖心が生まれるのは当然です。

しかし、今こうして迷っているということは間違いなく一歩踏み出そうとしているからでしょう。
欲張りかもしれませんが、どうせ終わらせるのであれば二人とも幸せな形にしたいですね。
思い出くらい美しく残せるような方法を考えてみませんか?

不倫だから味わえる刺激は徐々に薄れていく

不倫をすることに全く罪悪感を感じない人はいるでしょうか。
むしろそこに言いようのない刺激を感じ、そんな恋愛こそ魅力的に思う人もいるでしょう。
だからこそ不倫はなくならないのかもしれません。

不倫をスタートさせた時はそんな刺激に酔いながら楽しんでいたとしても、年月が経つにつれて自然とその感情は薄れていっていませんか?
どんなカップルでも飽きたり冷めたりその恋愛に疑問を持つ瞬間はあります。
自分だけではなく相手も同じようにただ惰性で続けているかもしれませんね。

それならわざわざ不倫というリスクを背負ってまで続ける必要はあるのか考えてみてください。
その時間があれば他の人と出会ったり、人に堂々と言えるような恋愛ができる可能性もあります。
お互いにとって時間を無駄にすることのないよう、迷った時はしっかり話し合って自分や相手の気持ちに向き合ってみてください。

迷った時見渡してみて。そばに魅力的な人はいませんか?

不倫に迷いを感じた時、それはそばにいる魅力的な人に気づくことができる瞬間です。
不倫中であっても異性と全く関わらないなんて考えられません。

いつも悩みを聞いてくれる人や職場で優しくしてくれる人、今も繋がっている昔の恋人などを思い返してみてください。
今の不倫相手との違いは何ですか?
自分が悩んだ時に思わず相談しているのは誰でしょう。

不倫中の相手ではなくそんな身近な異性に頼っているのだとしたら、そんな恋人こそ理想の相手ではないでしょうか。
不倫を終わらせるきっかけとして新しい恋を探してみませんか?
それは意外とすぐそばにあるかもしれません。

将来をイメージしてみて。夫婦のあり方を考えると…

将来をイメージすると不倫を続けるメリットは少ないと思えます。
いつか結婚を望むならどんな夫婦でいたいかを想像しますよね。

不倫の末結婚できたとしても、もし相手にまた不倫をされた時に自分もしていたからと諦められるでしょうか。
結婚した相手には自分だけを見て欲しいと思うはずで、夫婦のあり方を考えれば不倫をしている今に矛盾を感じるでしょう。
幸せな結婚を望むのであれば不倫ではない恋愛を少しでも早く求めていく方が前向きな生き方と言えますよね。

不倫を終わらせるためにはそんな明るい将来をイメージして進めることで迷いをなくし、次の恋愛にも積極的になっていけるでしょう。

堂々とデートができるカップルの魅力

不倫という形でなければ隠れる必要もなくなり、周りの人に二人の関係を応援してもらったり行きたいところにも行きやすくなりますよね。
秘密の恋愛を楽しんでいたかもしれませんが、そんな堂々とデートができるカップルに魅力を感じないでしょうか?

違った形の恋愛を経験してみないともったいないですよ。
そこには自分が求めていたカップルの姿があるかもしれないのです。
恋愛は本来辛いものではありません。
明るいものに自ら変えようとすることで、恋愛の本当の楽しさに気づけると思うのです。
そんなきっかけとして捉えてみませんか?

恋愛に向き合うきっかけをくれてありがとうという気持ち

不倫を終わらせる、そこに修羅場が待っている…ネガティブに考えると怖くなってきますよね。
しかし、自分さえ明るい気持ちでいれば、相手に伝える時に良い雰囲気を作って話せると思うのです。

恋愛に向き合うきっかけをくれた相手に対してありがとうという気持ちで伝えてみてください。
決して迷いは見せずにあくまでも良い選択ではないかと提案することが大切です。
そうした中で自分の迷いも消えていくはずですよ。
相手にどれだけ粘られても本当に相手に対してありがとうと思えるのなら冷静に話せると思います。
自分を愛してくれたことや愛する素晴らしさを経験させてくれたことを考えてくださいね。

幸せな別れにはポジティブさが重要

二人とも幸せな状態で今の不倫を終わらせるには何と言ってもポジティブな気持ちが欠かせません。
相手はどうであれ自分だけでも前向きに進めることで、相手も徐々に考えが変わり、終わらせることに対して前向きになってくれると思いますよ。
時間はかかるかもしれませんが、不倫を終わらせようと思っている今の気持ちを逃さないでください。
決して後悔のないように考えていきましょうね。