本命とも不倫とも違うセカンドパートナーにはまる理由

Top image

女性の皆さんはセカンドパートナーという言葉を知っていますでしょうか。
言葉を聞くだけでもなんとなく解るような気もしますよね。

それは本命の彼氏、旦那でもなく、不倫相手でもないという関係。
お互いの信頼がありながらも結び付くという契約はなく体の関係も持ちません。

しかし二人は愛し合っているし信頼があります。
それは友達とはまた違う関係でもあるのですね。
付き合ってもいないし結婚もしていない、そして体だけの関係なんてことでもない、そんなセカンドパートナーといわれる関係を持つ方々が増えていると言われています。

それはなぜなのでしょうか、気になるところです。
ではセカンドパートナーという関係にハマる理由をいくつかあげていきましょう。

本命に対するストレスを払拭できる

本命の彼氏や夫と長い時間を過ごしていると、もちろん相手の嫌なところだってたくさん見えてきますよね。
もちろんそれも含めて付き合ったのは否定しないのですが、やはりたまには少し離れて気分転換もしたいものです。

そんなときに現れるのがセカンドパートナーなのですね。
ちょっとイライラがたまったな、気分転換したいなと言うときに会って、ストレス発散もできますし、信用のある人と話せて気持ちも安らぐというような気持ちになれるのです。
決して本命の人のことをけなしたいとか別れたいなんてことではないのです。
少し心を休める相手がいれば、そこでストレスなども発散できてクリアな気持ちでまた本命のもとに戻れるのです。
このように、セカンドパートナーは本命と長く付き合えるための方法のひとつとなる存在でもあるのです。

いざというときの相手

セカンドパートナーは普段は話したり軽く食事をしたりという関係手はありますが、実はこの関係には先があるのです。
もし今の本命のパートナーと別れなければいけなくなったときに、本当のパートナーになろうという、いわゆる保険的な存在でもあるのです。

今のパートナーと一生を共にするとは限りませんよね。
結婚している夫だって、死別してしまったり離婚してしまうことだってあります。
そうなったときにセカンドパートナーがいれば、その人が本命のパートナーになるという道ができるのです。

もちろん最初から本命のパートナーと別れることなどは考えてはいないと思いますが、いざとなったときにはそんなセカンドパートナーが登場するのです。

体の関係が無いので安全

セカンドパートナーのもっともな利点というと、体の関係を持たないというところではないでしょうか。
不倫相手とは違いますので、基本的には会うだけの関係なのです。

会って食事したり買い物をしたりしながら話を楽しんで、それで終わりというような軽い関係でもあるのです。
ということは不倫相手のようなリスクを追わなくても良いということになりますよね。

不倫であれば、もし夫に見つかってしまったら離婚問題による民事裁判や、相手の男性もただではおけないことになってしまいます。
しかも最悪の場合は体の関係を持ってしまったばったりに子供ができてしまうことだってあります。

そうなればドロドロな辛い現実が待っていますよね。
しかしセカンドパートナーは体の関係を持たないので、そのような面倒なことにはなりません。
そんな安全な関係でありながら心は満たされるわけですので、とても大きな存在と言えるでしょう。

本命以外の男性であるのにやましくはないというところが、世の女性がハマる理由のひとつになるのでしょう。

拘束の無い関係でいられる

結婚して夫婦となればそれなりの二人の間でのルールや縛られることも多少はありますよね。
もちろん不倫をしてはいけないなんてこともありますが、お互いの都合通りにはいかない関係でもありますよね。

しかしその点セカンドパートナーはお互いが会いたいときに会えば良いし、お互いに束縛することもありません。
つまり二人の間にはストレスが生まれないのです。

どんなに愛し合っていてもストレスは生まれてしまうのに、セカンドパートナーに会うことにはなんのストレスも無いのです。
これは願ったりかなったりの存在と言えますよね。
それがセカンドパートナーの魅力でもあるのです。

セカンドパートナーのハマる理由と危険性

セカンドパートナーという関係に女性がハマる理由をあげていきました。
本命でも不倫でも、そして友達でもない関係の信頼し合える関係ってなんなのかと思う方も多かったと思いますが、上記のことを知るとハマってしまう気持ちもわかりますよね。

安全であり信頼できて居心地もよく、そして将来のためにもなる存在なんて、とても素敵なものではないでしょうか。
ただひとつ気を付けなければならないことは、本命の旦那さんが貴女のセカンドパートナーの存在を良く見ないかもしれません。
そのときはトラブルとなってしまいますので、しっかりと理解を得るか、うまく流していく必要があります。
なんにしても、今はセカンドパートナーという関係が女性にはハマってしまう存在なのです。