本気の恋愛のすえに不倫離婚♡幸せはつかめる人つかめない人

Top image

不倫離婚の後に訪れること不倫をしているときには、不倫というエッセンスが不倫相手と自分の好きという感情に加速をかけます。
そのため、周りのことがあまり見えず、相手のことがとても魅力的に見えます。
その気持ちが加速すると何としての離婚してほしい、そして幸せになりたいと願うのですね。

しかし、不倫離婚が円満に終わっても、泥沼に終わっても、その後には、どんなことが訪れるのでしょうか。
できれば不倫離婚のあとは、幸せが訪れたらいいと願うのはみんな同じ。
今回は、不倫離婚後に注目して、その後に訪れがちなことをご紹介します。

幸せになるパターン


相手の夫婦の関係が冷え切っている場合


離婚というのは、夫婦にとってとても大きな問題です。
また解決しなくてはいけないことがたくさんあります。

しかしお互いに離婚の意志があり、納得して手続きを進めていける場合には、未練がないので円満に離婚できることが多くなるのです。
そうすると不倫離婚後に幸せになれる可能性が高くなるのですね。

また不倫を始めた時の状況も大きなカギを握ります。
例えば夫婦関係がもう悪くなって、その間に入り込む隙間があったから、自分が入り込んで恋愛を始めたという場合。

この場合は、もう既に離婚の兆しがあったも同然です。そのため新しく恋愛を始めてもりこんの話の際には不利にはならないでしょう。
特にもう既に離婚の話が進んでいた場合には、問題にならず離婚話が進み、不倫離婚が決まった後も幸せになれる可能性が高くなります。

不幸せになるパターン


もしも夫婦関係が冷淡であっても続いている場合、不倫を始めると離婚話の際に不利になることがあります。


それは夫婦の問題で離婚の話になるといいのですが、そこに不倫という原因がかぶさってくると、不倫した方が不利になるのですね。
そのため離婚の際に養育費の問題や慰謝料の問題などいろいろな負担が課せられることになるのです。

そうすると不倫離婚をして嬉しいかもしれませんが、その後、二人の関係がぎくしゃくしてくることもあります。

不倫離婚をして二人で頑張っていこう、幸せになろうという決意が強ければいいのです。
しかしこれまで不倫というエッセンスがあったからこそ、良く見えた恋愛が、不倫をしたとたんに、良く見えないこともあるのですね。
それが原因で二人の関係が険悪になり、結局別れるということも少なくないのです。

不倫離婚で困ること


養育費など経済的な負担が増える


不倫離婚をして困ることは、不倫相手が養育費などをはらわなければいけないということがあります。
また不倫をしていた自分にも慰謝料を払うように請求が来ることもあります。
そのため、経済的な問題が大きく降りかかってくるのですね。
金の切れ目は縁の切れ目と言いますが、これまで経済的な負担はなく楽しんでいたのに、不倫離婚をしたとたんに経済的な問題が降りかかることがあります。

そうするとその問題が原因で二人の生活がままならないこともあるのです。
お金の問題で二人の関係に亀裂が入ることもあるのです。

また社会的な問題もあります。
周りに不倫離婚をしたことがばれなければいいのですが、不倫離婚が公になった場合、世間の目、批判、噂話というのが少なからず発生します。
そのために二人が協力して耐えなくてはいけません。

不倫離婚をすると金銭的な面と、社会的な周りの目は耐えなければいけない困ることです。

不倫離婚をした後は、幸せになる人と、そうでない人の二つのパターンに分れます。


その分かれ目はちょうど不倫離婚がきっかけになることも。不倫離婚という事実が、二人の絆を強めるか、また好きという気持ちを冷静にさせるかによって大きくその後の運命が変わってくるのです。

関連記事